あざらしいかのブログ

好きな家電・ガジェット・インテリア、便利な勉強グッズや株主優待などいろんな趣味などについて書いています。他にアメブロやはてなブログなどの無料ブログのカスタマイズなどついても。

【水出しコーヒーの作り方】「粉」と「お茶パック」だけで簡単に出来た!

2019/8/23追記

 

そろそろアイスコーヒーが飲みたい時期ですね!

 

ということで、スーパーに水出しコーヒーのパックを買いにいったら…

水出しコーヒーない!?

店員さんにも聞いたところ

すみません、取り扱ってないんですよ~

え!?

ということで、調べてみたら粉からも作れるということなので、実際に作ってみました。

やってみたら結構簡単にできたのでご紹介したいと思います。

「コーヒーの粉」「お茶パック」「ポット」を用意

f:id:hotyogalife:20190703090720j:image

用意するものは

  • お茶パック (1回あたり1~3枚
  • レギュラーコーヒー粉末 (1回あたり20~60g)
  • お茶ポット 1L用

お茶パックは家にあったから使いましたが、だしパック用のほうがたくさん入っていいかもしれません。

お茶のポットは無印良品のやつです。

無印のポットはタテにもヨコにも置けてスリムなので麦茶などにも重宝してます

f:id:hotyogalife:20190703090717j:image

コーヒーの粉はインスタントじゃないですよ?

  • レギュラーコーヒー(粉)
  • 深煎り
  • 細挽き~中挽き

深煎りで細かいやつが失敗ないです。

ちなみにスーパーで300g、300円くらいのコーヒーです。

 

お茶パックに20gづつ詰める

f:id:hotyogalife:20190703090732j:image

 

重さを測りながら詰めてみましたが、

  • お茶パックには20gがちょうどいい

です。

それ以上だと閉じにくくてこぼれたり、それ以下だとちょっと持て余したりします。

f:id:hotyogalife:20190703090729j:image

 

▼17gは少なく感じます

f:id:hotyogalife:20190703090723j:image

▼20gこれくらいがベスト

f:id:hotyogalife:20190703090702j:image

 

▼27gだとパンパンでこぼれます

f:id:hotyogalife:20190703090726j:image

 

ポットにコーヒ粉末20g×3袋入れる

f:id:hotyogalife:20190703090714j:image

 

お茶パックに20gずつ詰め終わったら、3袋(計60g)をポットに入れ水を注ぎます。

 

(2019/8/23追記)

1袋(20g)と2袋(40g)でもやってみました。

1袋だと薄めのコーヒー、2袋でもおいしいコーヒーが出来上がりました。

薄めのコーヒーが好きな我が家は、最近は1袋で作っています。

 

▼残りはジップロックに入れました

f:id:hotyogalife:20190703090658j:image

 

300gで5~15回分かな?

300円のコーヒ粉末なら1Lで20~60円なのでコスパいい!

 

水を入れたら室温に1時間置いておく

▼室温で30分後

f:id:hotyogalife:20190703090704j:image

結構出てる!

 

▼室温で1時間後

f:id:hotyogalife:20190703090734j:image

かなり黒くなってます。向こう側は見えません。

 

ここまでなったら、冷蔵庫へ入れます!

 

冷蔵庫で10時間以上置く

夜作って一晩置いたのですが、少し早めに飲んでみたら酸味が少し強かったです。

 

お好みで長時間置いたほうがおいしいコーヒーになりますよ!

 

ちなみにお茶パックは取り出しても取り出さなくてもOKでした。

 

安くてコスパいいよくおいしい水出しコーヒーできた

f:id:hotyogalife:20190703090709p:image

 

普通に美味しい!

 

アイスカフェオレにしても美味しかったです。

 

安いレギュラーコーヒーでも風味もよく、全然OKだったので、もしお家に挽いたコーヒーとお茶パックがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

 

お役に立てれば幸いです♪